バレンタインのチョコレートを自分用に買う予算と人気なチョコは?

イベント

彼氏への本命チョコや職場など、付き合いで配る義理チョコ、
仲の良い友達同士で贈り合う友チョコなど、いろいろな渡し方ありますが、
ここ最近増えているのが、自分に贈る「自分チョコ」。

自分にチョコを贈る理由はどんなものがあるのでしょう。
また、予算はどれくらいなのかも気になるところ。
人気のチョコもご紹介します。

スポンサーリンク

■バレンタインの自分用チョコはもはや常識

毎年バレンタインの季節になると、コンビニやスーパー、
大きなデパートでも特設会場を設けられています。

最近は、自分用にチョコレートを買う人が増えていますので、
ネットでも実店舗でも、自分チョコ向けの商品が充実してきました。

自分用にチョコを買う人が増えてきた理由として、

・自分へのご褒美
普段はダイエットして頑張っている自分に対して、
バレンタインだけはご褒美として食べる。
仕事を一所懸命に頑張ったので、そのご褒美として。

・バレンタイン限定商品を食べたい
チョコレートブランドが発売する限定商品を試したい。

・あげる人がいないから
そんな寂しい気持ちを紛らわすために、チョコを食べる。
来年こそは本命チョコを渡したい!という気持ちが強まる。

理由はそれぞれですが、普段は手に入りにくい海外製のチョコレートも
たくさん売られる時期ですので、人にあげるだけではもったいないですよね。

ちょっと奮発して高価なチョコを自分用に買ってみては。

■バレンタインの自分用チョコの予算

   
さて、自分用のチョコにどれくらいの予算をかけるのでしょう。

ある調査によりますと、本命チョコの平均額が3,300円で、
自分用に買うチョコの平均額が3,954円となり逆転。

平均で約4,000円ですから、かなりの高額ですので、
いろいろなブランドのチョコを買うのかも知れませんね。

バレンタインはチョコレートのお祭りになってきているようです。

■バレンタインの自分用チョコで人気チョコ

   
人気のチョコと言えば、やはりベルギーのGODIVA(ゴディバ)ですね。
不動の人気チョコです。

他には

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)

Galler(ガレー)

DEMEL(デメル)

■まとめ

   
今やチョコレートの一大イベントになった感のあるバレンタイン。

自分用に買ったお気に入りのチョコを食べながら、
優雅に休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この情報が皆さんのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました