夏風邪で咳が出た時の治し方は?長引くなら他の病気の可能性も

生活

風邪は空気が乾燥した冬だけではなく、
暑い夏でも引くことがあります。

夏風邪は長引くと言われていますし、
咳が続いたりすると辛いですよね。

夜中に咳が続くと眠りも浅くなりますし、
きちんと体を休める事が難しくなります。

咳が続くと体力が消耗してしまいますし…

そこで 夏風邪をひいた時の咳の治し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

■夏風邪で咳が出た時の治し方は?

咳が出て辛い時には、これらの方法を試してみて下さい。

1.ハチミツを食べる

咳は喉の粘膜が刺激されることによって出ます。

外から入ってきたウイルスなどを出そうとする防御反応が咳です。

そこでハチミツの出番です。

お湯に溶かしたり、薄めて使いますと効果が弱くなりますので、
できれば、そのまま食べるようにして下さい。

ハチミツには高濃度の糖分と過酸化水素による殺菌作用があり、
さらに喉の粘膜の刺激も抑えてくれます。

これによって咳が治まります。

ハチミツは食品ですので安心して使えますね。

ただし、食べるには注意が必要な場合もあります。
ハチミツには稀にボツリヌス菌の芽胞が入っているケースがありますので、
 1歳未満の赤ちゃんには飲ませないで下さい。 

※芽胞:特殊な細胞構造で高い耐久性をもつ。休眠状態を長期間維持できる。

大人ですと体の中で消化できるので平気なのですが、
赤ちゃんは消化器官が未発達で腸内環境が整っていないことから、
乳児ボツリヌス症を引き起こしてしまうことがあります。

2.ツボを押す

咳を止める作用があるツボは3つ。

ひとつ目は「天突(てんとつ)」

ツボの位置は両鎖骨の間にあるくぼみです。
この部分を下に向かって指を引っ掛けるようにして押します。

※強く押さないように気をつけます。

天突

次は「尺沢(しゃくたく)」

肘を曲げて内側にできるシワの上の、
真ん中から親指側にあるくぼみです。

尺沢

もうひとつは「孔最(こうさい)」

尺沢(しゃくたく)から手首に向かって、
指4本分のところに位置しています。

孔最

■夏風邪で咳が長引くなら他の病気の可能性も

熱も下がり体調も上向いてきたのに、何故か咳だけが続いてる…
もしかすると、他の病気が隠れている可能性も考えられます。

咳が続く期間が3週間未満の場合は「急性咳嗽(がいそう)」と言い、
風邪やインフルエンザ、急性気管支炎などが原因となります。

3週間以上続く場合は「遷延性咳嗽(せんえんせいがいそう)」と言い、
咳喘息、アトピー咳嗽、マイコプラズマなどが原因となります。

さらに8週間以上続く場合は「慢性咳嗽」と言い、
咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群などが原因となります。

他には、気管支喘息と似た症状で
「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」があります。

症状として、湿った咳が出る、息切れ、ゼイゼイという喘鳴、微熱があります。

この病気の原因となるのが、真菌いわゆるカビです。
カビを吸い込むことが原因となります。

もう一つ、「夏型過敏性肺炎」もカビが原因です。

咳、発熱と風邪のような症状から始まる急性型、
咳が何週間も続き徐々に進行する亜急性型、急性を繰り返す慢性型があります。

環境を変えると症状が治まる場合は、カビを疑う必要がありそうです。

咳が2週間以上続く場合には、病院を受診するようにして下さい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました