風呂のカビ抑制にはお湯と水どちらが有効?カビ予防には換気!

生活

お風呂のタイル目地に発生した黒カビを
カビ取り剤で取り除くのは大変ですよね。

ニオイもキツイし目は痛くなりますし。
できればしたくありません。

できるだけカビ掃除をしないためには

・お風呂の床や壁などに50℃のお湯をかける
・石鹸カスや皮脂汚れを流す
・天井を掃除する

などの方法があります。

この記事ではお風呂のカビを抑制する方法や
予防法などについていくつかご紹介しています。

スポンサーリンク

◇お風呂のカビ抑制にはお湯と水どちらが有効?

以前、テレビの番組かなにかで
お風呂場のカビを生えにくくするには
冷水をかけるのが有効と聞いたことがありました。

なので、お風呂から上がるときには必ず
冷水を床や壁にかけていました。

ずっとそうやってきましたが
どうやら違っていたようです。

カビの生育環境を考えるとなるほどと思いました。
冷水をかけただけではカビが生えやすい環境を
こちらから整えていたことになりますね。

お風呂場に生えるカビの菌糸は胞子よりも耐熱性が低いため
50℃のお湯でほとんどの菌糸が死滅します。

ですので、カビが生えやすい条件である

・栄養
・水分
・温度

が整っているような場所

・床
・壁
・排水溝まわり
・蛇口まわり
・シャンプーなどが置いてあるラックまわり

については50℃のお湯でよく石鹸カスや皮脂汚れなどを
洗い流すようにするとカビの発生を抑制できます。

石鹸カスや皮脂汚れは思っている以上に飛んでいますので
お風呂場全体にお湯をかけるのがおすすめです。

お湯を使用することで蒸発が早くなり
水分が残りにくくなります。

それでも水分が残っている場合には

・乾燥したスポンジやタオル
・水滴除去用のスクイジー

などを使って取り除いて下さい。

その後にお風呂場のドアを閉めたままで
換気扇を回すとより効果的に乾燥することができますので
カビの発生を抑えられます。

■お風呂場の天井もカビ対策を

実はカビの胞子は天井についていることが多く
そこから飛んできた胞子がタイル目地や壁などについて
菌糸を伸ばし繁殖します。

なので、お風呂場を掃除するときには
合わせて天井もカビ対策をすると良いです。

掃除の仕方ですが、シートを付けて床掃除をする時に使う道具に
除菌のできるウエットシートかアルコールを染み込ませた
キッチンペーパーなどを使って拭き取ります。

そうすることで天井に付着しているカビの胞子を
取り除くことができますので繁殖防止には効果的です。

天井を掃除する頻度ですが
1ヶ月に1回程度は行うようにしましょう。

天井は意外と盲点です。

天井の掃除が面倒なときはこちら
ルックプラス おふろの防カビくん煙剤

◇お風呂場のカビ予防には換気が大切!

お風呂場のカビを予防するためには
換気扇を24時間つけたままにすることが大切です。

換気扇を切ってしまったときから
浴室内の湿度が上がり始めます。

24時間つけたままにすることで浴室内の乾燥が保たれ
その結果カビの発生が抑えられたり悪臭がこもることなく
屋外に排出されますので気持ちよくお風呂に入れます。

また、換気扇を回すときはドアと窓がついている場合は窓を
閉めたままにしておいて下さい。

浴室のドアの上部か下部には給気口としての働きをする
「ガラリ」と呼ばれる隙間がついているものがありますので
ガラリは必ず開けておいて下さい。


<下の部分です>

もしガラリがなければドアを5センチくらい
開けておくとガラリの代わりになります。

窓を開けておくと窓周辺の空気しか入れ替わらず
一番乾燥させたい床や壁が換気されにくくなってしまいますし
ドアを開けたままにしておきますと脱衣室の方へ湿気が
流れて行ってしまい脱衣室でカビが発生してしまいます。

ですので、お風呂場で換気扇を回すときには
必ず窓とドアを閉めるようにして下さい。

湿度の高いお風呂場で使用する換気扇は
その湿気を常に吸い込むため汚れやホコリが溜まったり
カビが発生することもあります。

カビを防ぐために回している換気扇がカビ発生の原因にならないように
フィルターの掃除は月1回程度、分解掃除は年1回程度
行うことをおすすめします。

■お風呂の換気扇つけっぱなしの電気代は?

24時間換気扇をまわし続けていると気になるのが電気代ですよね。

一般的なお風呂場の換気扇は消費電力が20Wほどが多いですので
計算してみますと1ヵ月400円程度となります。
省エネタイプですとさらにお安くなります。

カビ取り剤代や掃除をする手間などに比べると
1ヵ月400円はそんなに高くないのかなと思います。

もっと電気代を下げたいのであれば
乾燥したら換気扇を切ると抑えられます。

◇まとめ

お風呂場のカビを抑制するには

・50℃のお湯をかけ石鹸カスや皮脂汚れを流す
・残った水滴は乾燥したスポンジやタオル
 スクイジーなどで取り除く
・天井も1ヶ月に1回程度は掃除をする
・窓とドアを閉めて換気扇を24時間回しておく

ちょっとした手間でお風呂場に発生するカビを
抑制することができます。

今回の方法は気軽に試せると思いますので
一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました