葛西臨海公園水族館の混雑具合は?イベントは?食事はできる?

スポット

東京都江戸川区にある葛西臨海公園にある水族館。

フンボルトペンギンが東京湾に脱走したり、
クロマグロが謎の大量死をしたことでも話題になっていますね。

都心からも近いということで人気の水族館です。

でも、気になるのが混雑具合ですよね。

そこで、水族館の混雑具合や開催されているイベント、
水族館内や周辺の食事処事情についてご紹介します。

スポンサーリンク

葛西臨海公園水族館の混雑具合は?

まずは気になるの混雑具合ですが、
平日ですと比較的空いています。

なので、ゆっくりと魚を見ることができます。

が、平日でも年に3回あります無料公開日には、
かなりの混雑具合になります。

ちなみに無料公開日は

・みどりの日(5月4日)
・都民の日(10月1日)
・開園記念日(10月10日)

土日祝日、ゴールデンウィーク、お盆休みなどは
人気の水族館ということでかなりの混雑具合です。

小さなお子さんを連れて行く場合は、迷子にならないように、
しっかりと手をつないでおいて下さいね。

子供用のハーネスがあるとより安心かも知れません。

子供用ハーネス

かなり混雑しているということは、
お子さんが多少騒いでも気にならない、
という利点(?)はありますね。

ちなみに、

開園時間は9:30から17:00
休園日は水曜日(祝日や振替休日、都民の日の時は、その翌日に休園します)
入園料は、一般が700円、中学生が250円、65歳以上は350円です。

都内に在住・在学の中学生は「無料」ですが、
必ず生徒手帳は持って行って下さいね。

葛西臨海公園水族館のイベントは何がある?

葛西臨海公園の水族館では、定例で開催されているイベントがあります。

・ガイドツアー

休園日や特別なイベントがある日を除いて、
毎日行われているスタッフによるガイドツアーです。

1日に2回行われていまして、定員は各回10名です。

集合時間は、1回目が11:00で2回目が13:30ですので、
参加したい場合は、お早めに。

・スポットガイド

10分程度のガイドです。

ペンギン、実験展示コーナーでの10min.ライブ、
海鳥、渚の生物コーナーでのしおだまりなどがあります。

ペンギンと海鳥は、えさを与えているところも見られます。

ただし、水曜日に開園する場合、10:30のペンギンのスポットガイドは、
プール清掃のために中止していますので、お気をつけ下さい。

他には、水族館の生き物に直接触れることができる、
「タッチフィーリン」という特別展も開かれています。

他にもスタッフから直接お話しが聞ける「スタッフトーク」や、
親子向けのイベントが開催されています。

葛西臨海公園水族館で食事はできる?

葛西臨海公園水族館の中には「シーウインド」という、
カフェテリア方式のレストランがあります。

屋内には250席、屋外のテラスには200席あり、
東京湾を眺めながら食事することができます。

メニューは、カレーやハンバーグ、中華丼、スパゲッティなどがあり、
サイドメニューとして、シーフードサラダ、たこ焼き、唐揚げ、
フライドポテトなどがあります。

キッズカレーランチもありますので、お子さん連れにはありがたいですね。

他にも、ケーキ類やプリンなどのデザート、飲み物も充実しています。

水族館からは少し離れますが「ブルーマリン」というレストランもあり、
ランチメニューやパスタ丼もの、麺類、デザートなどがあります。

晴れた日ですと、お弁当を持って行って公園内の芝生に座って、
ピクニック気分で食べるのも良いですね。

おわりに

水族館だけではなく、葛西臨海公園内には他にも大観覧車があったり、
バーベキュー広場があったりと、一日中遊ぶことができます。

都心からのアクセスが良いのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました