中秋の名月っていつなの?何をするものなの?

季節

日本ではお月見をして秋の夜長を楽しむ風習があります。

中でも十五夜の月を「中秋の名月」と呼んで、
お供え物をし感謝をするようになりました。

中秋の名月はその年によって変わるのですが、
その詳しい日付と何をすれば良いのか?
などについてご紹介します。

スポンサーリンク

■中秋の名月っていつなの?

中秋の名月は旧暦の8月15日の月のことで、十五夜や芋名月とも呼ばれています。

現在は太陽暦を使用していますが、このお月見は旧暦で行なう行事です。
暦の数え方が違うため、その年によって十五夜が変わってきます。

これからの中秋の名月は以下のようになります。

2015年 9月27日
2016年 9月15日
2017年 10月4日
2018年 9月24日
2019年 9月13日
2020年 10月1日
2021年 9月21日
2022年 9月10日
2023年 9月29日
2024年 9月17日
2025年 10月6日

■中秋の名月には何をするものなの?

お月見では月を眺めるだけではなく、古くから信仰の対象でありましたので、
感謝の印として収穫したものをお供えしていました。

お供えするのもとして月見だんごがあります。
中秋の名月は十五夜の月ですから、15個お供えします。

他には収穫時期にあたる里芋を煮るなどしてお供えします。
収穫した旬の野菜や果物をお供えするのも良いですね。

神様の依代(神霊の出現を示す媒体)と考えられているススキも飾ります。
実った稲穂に見立ててもいます。

飾る場所ですが、月が眺められるところがあれば、
そこが月見台(お月見をする場所)になります。

窓辺に小さなテーブルを置いても良いですし、
出窓の部分を使っても良いです。

ゆっくりと月を眺めながらの食事や月見酒などを楽しんで下さい。

■おわりに

中秋の名月と聞いて満月を想像すると思いますが、
実際にはそうではないんですね。

2011年、2012年、2013年と3年連続で、
中秋の名月と満月が同じ日になりましたが、
2014年から2020年までは1日ズレます。

次に中秋の名月と満月が同じ日になるのは2021年です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました