傘の盗難防止アイデア5選をご紹介!

豆知識

外出先で傘立てに自分の傘を入れておき
帰ろうとして傘立てを見ると自分の傘が
なくなっていたという経験はありませんか?

濡れて帰りたくないですよね。

そうならないためには

・名前などを書く
・壊れているように見せる

などの方法があります。

この記事では傘の盗難防止アイデアについて
いくつかご紹介しています。

スポンサーリンク

◇傘の持ち手に名前などを書く

傘の持ち手の部分に名前が書いてあると
一瞬他人のものという認識がされますので
手に取りにくくなります。

自分の名前はさすがに書きにくいと思いますので

例えば

・警視庁と書く
・〇〇警察署と書く
・「呪」とだけ書く
・「犯罪心理学 実験中」と書いて貼る
・梵字をたくさん書く
・呪われるステッカーを貼る

これはちょっと怖いですね。

・う◯ちのイタズラグッズを持ち手につける

・目のシールを貼る

 

◇壊れている風に見せる

パッと見で壊れているようだと
わざわざその傘を選ぶ人は少ないと思います。

骨と傘の部分を留めている「つゆ止め」を
傘立てに置く前にあらかじめ3・4個外しておくと
効果が上がると言われています。
 

つゆ止めです。
 

◇差すとちょっと恥ずかしくなるような傘にする

差すのに少し勇気が必要な傘にする。

盗る方もできれば目立ちたくないと思いますので
少し派手で他の人があまり持っていないような柄の
傘にするというのもおすすめです。

例えば自分の顔をプリントするとか。
(誰も試さないと思いますが・・・)

◇シュシュやヘアゴムなどをつけておく

自分の物だと分かるように目印をつけておくと
盗難防止にもなりますし間違える心配もありません。

マスキングテープを貼っておくもの良いですね。

他には持ち手カバーをつけるというのもあります。
こちらの動画のようにオシャレだと
カバーだけが盗まれちゃうかも知れませんね。


 

◇その他の方法

赤いペンなどで色を付けた絆創膏を
持ち手に貼っておくと気持ち悪がって
持っていくのをためらいます。

他には飲みかけのパックに入った飲み物を
傘に入れておくという方法もあります。

これだとゴミを取り除かないといけないので
面倒になってやめるかも知れません。
 

◇まとめ

傘の盗難防止方法についていくつかご紹介してきました。

ご自分の傘を盗られたくない方は
これらの方法を試してみて下さい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました