鳥居が朱色に塗られている理由とは?その原料はナニ?

豆知識

神社の鳥居が朱色に塗られているのは
「魔や災厄を除ける」「神様のお力を高める役割」
などが朱色にはあるから。

他には木材を虫食いや腐食から守る
という役割もあります。

この記事では鳥居などに朱色が使われてきた
理由や原料などについてまとめてあります。

スポンサーリンク

◇鳥居が朱色の理由とは

私もそうですが鳥居と言えば朱色を思い浮かべる人は
多いのではないでしょうか。

ではなぜ鳥居は朱色なのでしょう。

その理由としていくつかが挙げられます。

古来から日本では朱色(赤)は火や太陽、生命を表す色とされ
魔力や災厄を防ぐ色と考えられてきました。
他には神様のお力を高める役割があるとも言われてきました。

鳥居により結界を張り朱色を塗ることで
神社の境内に悪い霊や魔、気が侵入するのを防ぐ
という意味合いもあります。

朱色の鳥居で有名な伏見稲荷大社では
五穀を司る倉稲魂命(うかのみたま)を祀ってあり
鳥居は赤が基本となっています。

また、稲荷大神様のお力の豊穣を表す色とのことです。
(伏見稲荷大社のみ)

朱色の塗料は「舟(に)」と呼ばれるもので
毒性の高い水銀と硫黄を加工して作られています。

その毒をもって魔を除けるという意味合いもありました。
 

◇鳥居の朱色となる原料とは

鳥居に塗られている朱色の原料は「舟(に)」と呼ばれ
硫化水銀の粉末である辰砂(しんしゃ・硫化第二水銀)です。

これは中国の錬丹術に由来しています。

「辰砂」とは天然に産出する硫化水銀化合物を含んだ赤い鉱石のことで
弁柄の材料となる「鉄鉱石」より産出量が少なく貴重であったため
水銀朱は高価で貴重品として扱われました。

水銀は昔から木材の防腐剤として使用されてきたことから
虫害・腐食から鳥居や社殿などを守る役割もあります。

朱色の顔料には、主に弁柄(酸化第二鉄)と辰砂(硫化第二水銀)が使われ
後に鉛丹(四酸化三鉛)も使われるようになりました。

社寺建造物美術保存技術協会によりますと
丹塗をする仕上げには鉛丹を使用しています。

◇鳥居の種類とその一覧

鳥居には大きく分けて2つの形式に分けられます。

■神明鳥居(しんめいとりい)

構造が簡易的で最上部の笠木が1本です。
鳥居が直線で構成されています。

■明神鳥居(みょうじんとりい)

神明鳥居とは違い笠木と島木の二層となっています。
笠木の両端が反り上がっているものが多いです。
 

さらに細かく分かれています。

○神明系の鳥居

・神明鳥居
・伊勢鳥居
・黒木鳥居
・白丸太鳥居
・靖国鳥居
・鹿島鳥居
・宗忠鳥居
・島木鳥居

○明神系の鳥居

・明神鳥居
・春日鳥居
・八幡鳥居
・台輪鳥居
・山王鳥居
・住吉鳥居
・両部鳥居
・中山鳥居
・奴禰鳥居

○その他の鳥居

・三輪鳥居
・三柱鳥居
・唐破風鳥居
・根巻鳥居
  

◇まとめ

鳥居が朱色の理由とは

・火や太陽、生命を表す色とされてきた
・魔力や災厄を防ぐ色もと考えられてきた
・原料の毒性から毒をもって魔を除ける
・神様のお力を高める役割があると言われてきた
・伏見稲荷大社では稲荷大神様のお力の豊穣を表す色である
 

鳥居の朱色となる原料は

・弁柄と辰砂が使われ後に鉛丹が使われた
・水銀は昔から木材の防腐剤として使用されてきた
 

鳥居の種類は大きく分けて2つの形式がある

・神明鳥居(しんめいとりい)
・明神鳥居(みょうじんとりい)
 

初詣などで神社に足を運ぶ時には鳥居の形式の違いや
朱色に塗られている意味や原料などを思い出してみて下さいね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました