名前シールを貼る場所はどこが良い?名前は漢字にふりがなを振る?

生活

お子さんの幼稚園入園や小学校入学が決まりますと、
次にしなくてはならないのが、
すべての持ち物に名前シールをつける作業ですよね。

お弁当箱や鉛筆、着るものなど、
ありとあらゆるものですから大変です。

作業を始めて気になるのは、どこにつければ良いかですよね。
それと、名前はひらがなにするのか漢字にするのかも気になるところです。

ということで、名前シールを貼る場所や書く名前についてご紹介します。

スポンサーリンク

■名前シールを場所はどこが良い?

市販されているものに手書きしたり、
コンピューターで作成しプリントしたりして用意した名前シール。

どこにつければ良いのでしょう?

下着やTシャツなど、頭からかぶるものは、
前身頃の裏側の裾辺りにつけます。

最初の頃は、保育士さんたちにも分かるように、
表側につける方が良いです。

ズボンやパンツ(下着)のように履くものは、
前側の内側につけておきます。

名前シールがついているのを見ながら履かせると、
前後を間違えないで着替えられます。

靴下は足の裏が当たる部分につけます。
他には、リブ部分につけます。

服に付いているタグに書く、という方もいらっしゃいますが、
たくさんの服がありますと、その都度、服をひっくり返してタグを
確認しなくてはいけませんので、保育士さんたちが大変になります。

あとは、ブランドものの服だったりした場合、
タグを切られて違う子が着ていたり…

ということもあるので、あまりおすすめできません。

その他のものは、基本的に目立つところにつけるようにします。

幼稚園などから指定がある場合は、そちらにつけて下さい。

■名前シールに書く名前、漢字にふりがなを振る?

名前シールに書く(プリントする)お子さんの名前は、
幼稚園の場合は、漢字、ひらがなのどちらでも構いません。

ですが、他の子が読めないことがありますので、
漢字+ふりがなの方が良いですね。

中には幼稚園で指定しているところもありますので、
案内などをご確認下さい。

小学校の場合は、授業で漢字を習っていきますが、
低学年の内はひらがなが良いと思います。

お友達が分かることも大事ですので。

ただ、1年生で習う漢字ばかりの名前であれば、
すべて漢字でもOKです。

高学年になると習う漢字が増えていますので、
すべて漢字でも構いませんが、難しい漢字の場合は、
ふりがなを振っておくと良いですね。

それと、落とし物をした時に、読みにくかったり、
読み間違えることが多いような場合には、
ふりがなを振っておくと拾ってくれた人に親切ですよね。

■おわりに

キャラクターものなどの可愛い名前シールもありますので、
お子さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら、つける作業をしてみてはいかがでしょう。

この情報が皆さんのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました