ネクタイピンの位置や付け方は?種類やついてるチェーンの意味は?

豆知識

スーツの上着を着ている時には気にならないですが、
上着を脱いでデスクワークなどをしていて、
前かがみになった時に、しているネクタイが垂れきて、
「ちょっと邪魔だなぁ」と感じる時ありますよね。

それが起こらないようにするのがネクタイピンですが、
どの位置につけるのが良いとか、分かりにくくないですか。

上なのか下なのか、真ん中あたりなのか。
チェーンはどうするのか、など。

そこで、ネクタイピンをつける位置や付け方、
ついているチェーンの意味、
ネクタイピンの種類などについてご紹介します。

スポンサーリンク

■ネクタイピンの位置とその付け方

まず、ネクタイピンをつける位置ですが、
実は特に決まりはないんです。

ですが、一般的なのは、スーツの上着の第一ボタンの少し上、
上着を着ている時にチラッと見える位置です。

スーツの上着を着ている時は、この位置が一番キレイです。

では、スーツの上着を脱いだ時はどうでしょうか。

スーツの上着の第一ボタンの少し上のままですと、
ネクタイの下の部分が長いですので、前かがみになると、
垂れ下がりが多くなりますね。

ですので、上着を脱いだ時には、もう少し下の方で
留めるように、位置をずらします。

そうすることで、ネクタイが邪魔になりにくいです。

その他の位置として、ネクタイの上の方につけて、チラ見せではなく、
スーツの上着を着ていても、完全に見える場所というのもあります。

結婚式やパーティーに参加する時には、
デザイン性の高いネクタイをこの位置に
つけても良いのではないでしょうか。

ネクタイの付け方ですが、ネクタイの乱れなどを防止する
目的もありますので、ワイシャツとネクタイの大剣と小剣の
計3枚をすべて挟んでつけます。

メンズのワイシャツは左前身頃が上になりますので、
右側からネクタイピンをさします。

■ネクタイピンについているチェーンの意味

多くのネクタイピンには、チェーンがついていますが、
それにはちゃんと意味があるんです。

その意味というか使い方ですが、

チェーンの先についている、輪の一部が膨らんでいる金具を
ワイシャツのボタンに引っ掛けます。

次に、チェーンがピンと張る位置に、ネクタイピンを持ってきてつけます。

チェーンがついていることで、落下を防止し紛失することも防ぎます。
(これがついているチェーンの意味ですね)

チェーンをピンと張らなくてはいけませんので、
細かい位置の調整はちょっとしにくくなります。

それから、無理にチェーンを引っ張ってしまいますと、
切れることがありますので、気をつけて下さい。

■ネクタイピンにはどんな種類が?

ネクタイピンは、その留め方によって3種類に分けられます。

1.ワニ口(くち)タイプ

多くのネクタイピンで採用されているタイプです。
バネが内蔵されているいますので、着脱が簡単です。

ワニ口タイプの参考画像

2.クリップタイプ

バネは使わずに、金属そのものの力で挟み込みます。
お金を挟むマネークリップ財布と同じ構造です。

ワニ口(くち)に比べると、挟み込む力は強いのですが、
使用しているうちに金属疲労を起こし、
ネクタイを挟む力が弱くなっていく可能性も。

クリップタイプの参考画像

3.タイタック

上記2つのネクタイピンとは違う構造で、
こちらはピンを刺してネクタイを留めます。

タイタックの使い方ですが、

ネクタイだけに針を通します。
刺すのはワイシャツの上から2~4番目のボタン辺りですが、
お好きな位置で調整して下さい。

次に、後ろで留め具に差し込みます。

付属のチェーンはネクタイの表から裏へと回し、
ワイシャツのボタンに掛けます。

タイタックは、ビジネスシーンというよりは、
パーティーの方が似合うかなと思います。

タイタックの参考画像

■おわりに

ネクタイピンも地味なものばかりではなく、
遊び心いっぱいのものがありますね。

男性の場合は、あまりアクセサリーをつけませんが、
オシャレと機能性を兼ね備えたネクタイピンで、
さり気なく取り入れてみてはいかがでしょう。

この情報が皆さんのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました