始球式の由来や空振りする理由とは?ボールを打つ人はいたの?

豆知識

プロ野球の開幕戦などで行なわれている始球式。

来賓の方や芸能人、グラビアアイドル、子どもなど、
いろいろな人が投げたりしていますが、どんなボールでも、
だいたいは空振りしますよね。

あれ、なんで空振りするんでしょうね。
その理由、気になりますよね?

そこで、始球式を始めた人や、空振りする意味、
打ってしまった人はいないのかなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

■始球式の由来

   
始球式は、主に球技(野球やサッカー)の試合前に行なわれる、
セレモニー(儀式みたいなもの)で、来賓や主催者、芸能人などを
投手役として投球するものです。

野球発祥の地であるアメリカでは、1910年に当時の大統領である、
ウィリアム・ハワード・タフトが行なったのが最初です。

肥満気味だった大統領に少しでも運動をさせようとして、
野球での始球式を思いついたのが由来だとか。

日本における初めての始球式は、1908年(明治41年)に行なわれた、
アメリカMLBの選抜チームと早稲田大学野球部との試合で、
早稲田大学創設者である大隈重信が務めたのが最初として、
記録に残っています。

■始球式で空振りする理由

   
始球式では、打席に立つバッターが必ず空振りしますが、
それはどうしてなのでしょう。

日本で初めて始球式が行なわれた1908年のアメリカMLBの選抜チームと、
早稲田大学野球部との試合では、早稲田大学の創設者である大隈重信が、
投手役を務めましたが、投げた球が大きくそ逸れてしまいました。

それで、その時にバッターボックスに立っていた、早稲田大学野球部の
1番バッターが、初代総長である大先生に恥をかかせてはいけない、
ボールにしてはマズいと考えて、空振りすることでストライクにしました。

それ以降は、投手役の方に敬意を表する形で、たとえそれがどんなボールであっても、
バッターは空振りすることが慣例となりました。

■始球式で打つ人はいる?

   
どんなボールでも、バッターは空振りするのが慣例ではありますが、
別にボールを打つのがいけない、というルールはありません。

これまでのに、何人もの人が始球式のボールを打っていますが、
毎回、誰が投げようと基本打ちに行っていたのは、新庄剛志でしょうか。

映像を探してみたんですが、これしか見つけられませんでした。

他に映像があるのは、2009年5月8日に、当時、北海道日本ハムファイターズの
稲葉篤紀選手は、ROOKIESの宣伝に来ていた俳優の佐藤隆太から、
ライト前にヒットを打っています。

その映像がこちらです。

その他に、始球式で打った人は、

2010年6月5日に、当時ソフトバンクホークスの川崎宗則選手は、
アサヒビールイメージガール暮沼まみから、ライト前に打っています。

2003年9月4日に、当時ダイエーホークスの柴原洋選手は、
漫画家の水島新司から、三遊間を抜けるヒットを打っています。

このように、空振りしないで打ってしまう人もいますね。

あとは、野球が得意な芸能人(例えば、KAT-TUNの亀梨和也とか)との、
真剣勝負形式の1打席対決というのもあります。
(始球式とはちょっと違いますね…)

■おわりに

   
ある芸人さんが始球式で投げたボールを打たれて、
本当に(たぶん)怒っているようでしたが、
そこは何か笑いに変えて欲しかったですね。

この情報が皆さんのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました