葛城山のつつじの見頃はいつ?混雑具合は?駐車場はあるの?

季節

奈良県御所市にある、つつじが有名な葛城山。

満開の時期は真っ赤な絨毯のように見え、
その景色は圧巻です。

そこで、葛城山のつつじの見頃や混雑具合、
駐車場の情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

葛城山のつつじの見頃はいつ?

例年5月の上旬ころからつつじの蕾が膨らみだし、
毎日少しづつ花が開いていき、中旬ころが一番の見頃を迎えます。

それから満開を迎えます。

大体、5月の下旬ころにはシーズンを終えてしまいますので、
つつじの花を楽しめる時期は、本当に短い間になりますね。

生えているつつじは、そのほとんどがヤマツツジですが、
中にはミヤマツツジも見ることができます。

ヤマツツジの画像

ミヤマツツジの画像

葛城山のつつじを見に行きたいけど混雑具合は?

つつじの見頃の時期を迎えた葛城山の混雑具合ですが、
平日・土日に関係なくかなり混み合います。

山頂までのロープウェイがあるのですが、
平日であっても数時間は待つことがあります。

徒歩で登山道を進み山頂までは約1時間30分ほど。

ロープウェイが約6分で山頂まで行けますが、
往復で1,250円ですので、待っても乗るか、
それとも歩いて登るかの決断をしなくてはなりません。
(ちょっと大袈裟ですが)

ただ、ロープウェイで山頂まで上がっても、
山頂駅からつつじ園までは約1kmほど歩かなくてはなりませんので、
体力に自信のない方は、朝9時台のロープウェイに乗るか、

混雑のピークは、午前10時から午後2時くらいですので、
夕方に山頂まで上がって葛城高原ロッジに泊まり、
翌日の午前中につつじを見てから下山すると混雑を避けられます。

葛城高原ロッジ

葛城山のつつじを車で見に行っても駐車場はある?

ロープウェイ登山口駅の手前の県道213号線沿いに、
有料の駐車場があります。

駐車場の場所はこちら(おおよその場所です)
↓↓↓

駐車スペースは120台分あり、それぞれ1回幾らという料金体系になっています。

乗用車:1,000円
大型・中型バス:5,000円
マイクロバス:2,500円
大型バス(学割):3,000円
二輪車:200円

つつじが見頃の時期はとても混雑しますので、
同じ料金で利用できる臨時駐車場が近くに用意されています。

見頃の時期には県道30号線(山麓線)まで渋滞が続くことが
ありますので、駐車場に入るまでの待ち時間も考慮する必要があります。

まとめ

つつじの見頃の時期が短めですので、どうしても混雑してしまいますね。

混雑を避けるなら、早朝に出発し早い時間に到着するか、
葛城高原ロッジに泊まるのがおすすめです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました