お正月に飾る鏡餅の意味を知っていました?飾りにも意味がありました

季節

お正月になると、どこのお宅でもだいたい鏡餅を
飾っていますよね。

子供の頃から当たり前の風景なので、
意味とか考えたことがありませんでした。

スポンサーリンク

そこで、意味や飾り方をちょっと調べてみましたので、
簡単にご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

お正月に鏡餅を飾る意味

元旦になると、新年の神様がそれぞれの家庭に、
幸せを持ってくるために来るとされていて、
その神様の居場所が「鏡餅」です。

昔から行なわれているお正月の行事は、
その年の神様をお迎えしてお祝いをし、
多くの幸福を与えてもらうためのものです。

その鏡餅を雑煮などに入れて食べることにより、
恩恵などを受けられると考えられていました。

鏡餅の形が丸いのは、昔の銅鏡に由来します。
三種の神器の1つで、多くの神社で鏡をご神体としています。

※三種の神器とは、天照大神から授けられたという
 八咫鏡(やたのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、
 草薙剣(くさなぎのつるぎ)のことです。

そこで、ご神体としての鏡を餅で表し、
「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

飾り方やその意味

一般的には、三方(さんぽう)という台の上に、
紅で縁取っている四方紅(しほうべに)を敷きます。

その上に、紙垂、裏白(うらじろ)、譲葉(ゆずりは)、
昆布の上に鏡餅を載せ、串柿、伊勢海老、橙もしくはみかんを飾ります。

それぞれの意味は

・裏白(うらじろ)
 表が緑色で裏が白いことから、後ろ暗いことがなく
 清廉潔白ということを表します。

 また、葉の形が左右対称なことから、夫婦の相性の良さを
 祝うという意味もあります。

・譲葉
 新しい葉が十分に大きくなってから、古い葉が落ちることから、
 家系が将来に渡って続くことを表します。

・串柿
 よいことがやってくるという意味。
 お宝が串で刺したように集まる、という意味も。

・昆布
 これは「よろこぶ」の語呂合わせから。

・橙(だいだい)
 木から落ちずに大きく育つことから、代々家が栄えるように
 という縁起物。みかんで代用されることが多いです。

飾る場所や飾っておく期間

感謝の気持ちがあれば、お供えする場所や大きさは、
特に気にしなくても大丈夫です。

とは言え、大事な場所となると思いますので、
床の間や神棚、リビング、玄関、トイレなどにお供えして下さい。

鏡餅を飾る方角ですが、その年の恵方、もしくは、
東向き、または、南向きが良いとされています。

鏡餅は余裕を持ってお供えするために、
早めに用意しておきます。

ギリギリになったとしても、12月29日と12月31日は避けて下さい。
29日は二重苦に通じるとされ、31日は「一夜飾り」とされ、
縁起が悪く好ましくありません。

年が明けた1月11日の鏡開きで、お供えした鏡餅をさげて、
授けられた力を皆んなで頂きます。

パック詰めされている鏡餅もありますので、
最近は、カビが生える心配もなくなりました。

おわりに

ほとんどその意味を知らずに育ちましたが、
調べてみると、きちんとした意味がありました。

日本の伝統行事ですから、守り伝えていきたいですね。

少しでもお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました